お助け!はじめての防水工事入門ガイド

トップページ > 防水工事について > 家の防水工事はどうなったら必要なのか

家の防水工事はどうなったら必要なのか

古い家屋を安価で購入したというのであれば別ですが、最新の建築方法を用いて建てられた家ならば、建てる段階で防水施工がされていることがほとんどです。
もちろん、手抜き工事をした欠陥住宅でないことが大前提ですが、きちんと建てられた家ならば、一定のスパンで防水加工を施す必要はないと言っていいでしょう。
では、実際に家に防水工事が必要になるのはどのくらい経ってからかというと、これもまたむずかしい問題です。
究極の答えとしては、防水工事のやり直しをするきっかけになるのは、実際に家の中に雨漏りがし出したときということになるからです。
それまでは、家の中に水が入ってくるのではないかと心配する必要はないでしょう。
雨漏りがし出した場合には、防水層が傷んでいるということですので、早急に対策する必要があります。


雨漏りがしたのを機に、あらたに防水層をやり直す工事をすることになりますが、この防水の役目を果たす防水層にはいろいろ種類があります。
主に耐久性の差で、10数年という物もあれば、30年はもつ物もあります。
ただ、耐久年数の差によって値段にも違いが出てきますので、その時の予算に応じて選ばなければならないということもあるでしょう。
家の工事をするというのは、精神的に大きな負担になりますので、できれば一度の工事で長持ちする防水層を選んでおくのがおススメです。
とはいえ、昨今は高齢者だけの住まいが増えており、自分たち亡き後は誰も住まなくなるというのであれば、30年も持つ高い防水層を選ぶ必要はないといえます。
そのあたりの見極めには、さまざまな要素が絡んでくるかもしれません。


外壁の場合、できれば10年スパン程度で、傷んでくる前にやり直した方がいいと言われますが、防水に関していえば、雨漏りし出してからでいいというのは、非常にわかりやすいといえます。
とはいえ、家の中に雨漏りがするというのは非常事態ですので、早めに見つけ、すぐさま対処することが大事になってきます。
昨今、雨の降り方が激しくなり、局地的に降るゲリラ豪雨が問題になっています。
ポツン、ポツンといった程度の雨漏りなら、まあ修理は急がなくてもいいかと思ってしまうかもしれませんが、ゲリラ豪雨はいつ襲ってくるかわかりません。
とにかく少しでも雨漏り箇所を見つけたら、防水層が傷んでいることを意味しますので、すぐさま工事にかかるのが正解です。
早めに工事にかかることで、混雑時期を回避することにもつながるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る