お助け!はじめての防水工事入門ガイド

トップページ > 防水工事について > 実は生活に密着している防水工事

実は生活に密着している防水工事

防水工事には縁はない、そんな風に捉えている人のほうが多いでしょう。
でも実際には、一般住宅の屋根はもちろん、ベランダやバルコニーなどからの漏水を防ぐためには必須の工事。
水は何でも建物にとって大敵ですから、絶対に中に侵入させてはいけません。
木造であれば尚の事、柱や梁を腐食させ、家の寿命を短くしてしまう原因になります。
また、例え鉄骨造でも鉄筋コンクリート造でも、水分は骨組みを浸食して錆びさせます。
徐々に強度を低下させ、建物に甚大な被害をもたらすものです。
また、雨水が侵入すると、壁や天井が変色してシミになりますよね。
そのままでは美観も損ねますし、カビが発生して中の人の健康被害も引き起こしかねません。
とは言え、どう頑張っても、程度問題はあれ、建物がこうした水に侵されることは避けられないのが宿命。
対策としては適切なメンテナンスや定期点検を行い、予防したり、早い段階で対処することが大事です。


現代的で進んだ機能を持つ頑健な建物でも、経年劣化による浸水は免れないと言われています。
新築時はもちろん頑健な防水処理が施されていますが、やはり年月の経過は建物を徐々に傷めてしまうのですね。
屋根や外壁は風雨にさらされますので、どうしても劣化が早くなります。
もちろん専門的な防水処理が施されているのが一般的ですが、年月によって表面がひび割れたり、専用シートが破損したりするものです。
防水工事は定期的なチェックとメンテナンスが必要で、特にベランダやバルコニーは人が日常的に歩く機会も多いので、気にしておきたいですね。
見てわかるのは表面のひび割れや層の裂け、変色やシミなどで、実際に雨漏りなどが起こっていなくても劣化は進んでいます。
また、一か所だけでなく複数個所から浸入している場合もあるので、総合的な診断が必要。
問題のある個所がそこだけなのか、全体をチェックする必要があるでしょう。


例えば、 2階建てで1階に雨漏りがある場合、多くのケースで原因はバルコニーやベランダにあります。
バルコニーやベランダの場合内部に水が溜め込まれてしまう場合が多く、うまく排水できないとそれが1階部分に流れ込む可能性があります。
また、建物には問題なくても、壁の中や床下を通っている水道管から漏水している場合があります。
水漏れは雨漏りだと決め付けるのは早計ですね。
また、人はどうしても雨漏りの個所はその真上にあると考えがちですが、実際にはいろいろな場所を通って全く別の場所に落ちて来ることも多いもの。
やはり原因追及には、防水工事の専門家の力を借りるのが一番ですね。
防水工事の方法には様々な種類があり、ゴムや塩化ビニールのシートを重ねる方法や、防水層の裂目に液状のウレタン樹脂を塗布する方法もあります。
FRP(ガラス繊維とポリエステル樹脂で作る複合材)で防水層を作る方法アスファルトを使う方法もあります。

次の記事へ

TOPへ戻る